老後資金を備えるなら節税効果が高い確定拠出年金がおすすめ

より豊かな老後のために

個人型確定拠出年金は、従来の公的な国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後の生活を過ごすための私的な年金制度です。
加入資格のある方であれば、誰でも任意で加入することができ、自分で掛け金を設定し、運用先をきめて運用していくことができます。受け取る時は、掛け金と運用益の合計額で給付され、掛け金と運用益、受給時には税金も優遇措置がとられ節税効果が高いことが大きなメリットになっています。
また、通常の投資信託などでは購入時や管理に手数料がかかりますが、個人型確定拠出年金の運用商品は手数料も比較的少なくてすむこともメリットのひとつです。ただし運営管理にかかる費用は金融機関によって異なるため、加入する際には確認することが必要です。

上手に運用するコツは?

個人型確定拠出年金は、積み立てた掛け金を自分で運用していかなければなりません。
個人型確定拠出年金は60歳まで掛け金を積み立てていくことになります。60歳までにいくらになるのか目標の金額を決めておくと良いでしょう。その目標金額を達成するためには毎月の掛け金の運用利回りを決めていきます。その運用利回りに見合う資産の配分を考え定期的にチェックすることが資産形成のためには必要です。
確定拠出年金は将来受け取ることができる金額が確定しているわけではなく、運用した結果によって変わっていきます。様々な運用商品の中には元本が保証されていないものもあり、商品の特徴を理解して商品を選び運用していくことが大事になります。