加入範囲が拡大され、サラリーマンや公務員でも加入できるようになった確定拠出年金

自分で加入し運用していく個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金とは、国や企業などが責任を持つ公的な年金と違い、加入から掛け金の設定、運用先の選択から運用までを自分で行う私的な年金制度です。国民年金や厚生年金に上乗せされるため、より充実した老後の生活設計が可能になります。
従来であれば、自営業者などにしか加入資格はありませんでしたが、制度の改正によって公務員や専業主婦などにも加入資格が拡げられました。
基本的には20歳から60歳未満の方が加入できますが、農業者年金へ加入している方、国民年金の保険料納付を免除されている方、企業型の確定拠出年金に加入している方は加入できません。ただし、企業型確定拠出年金に加入している方のうち、企業が個人型との同時加入を認めている場合は、この限りではありません。

個人型確定拠出年金の仕組み

個人型確定拠出年金は、掛け金を60歳になるまで拠出して運用し、60歳以降に給付金を年金の形か、一時金、もしくは併用で受け取ることができます。加入期間が短い場合は受給開始年齢が最大で65歳まで繰り下げられます。
掛け金は加入区分によって上限が定められていますが、最低5,000円から始めることができ1,000円単位で自由に自分で設定します。運用は、運営管理機構の運用商品から、自由に選択し組み合わせて運用していきます。個人型確定拠出年金を受給する時は、掛け金と運用益の合計が支給されます。そのため運用成果によって金額は変動します。中には元本を保証していない商品もあり定期的に運用状況の確認や商品の変更をすることが必要になります。