金融機関が加入獲得競争を繰り広げているイデコって何

イデコ(iDeCo)って何?

イデコは、個人型確定拠出年金の略称です。在職中にお金を積み立て、60歳以上になったら受け取る個人年金の一種です。2017年1月より制度が改正され、企業年金のある会社員、公務員、専業主婦が加入できようになりました。
最大のメリットは大きな節税効果です。積立期間中の拠出額は全額が所得控除になり、運用益は非課税となります。受取時は分割受取の場合は公的年金等控除の対象、維持金で受取の場合は退職所得控除の対象となります。老後のために貯金をしているなら、イデコで積立をしないのがもったいないと言えるほど、大きな節税効果です。
節税効果のお得さから爆発的な人気となっています。マイナス金利で苦しむ金融機関が新たな収益の一つとして、激しい顧客獲得競争を繰り広げています。

イデコをはじめるなら、金融機関選びは慎重に

多くの金融機関で取り扱いがされているイデコですが、いったん加入してしまうと金融機関を変更するのは大変です。書類を集めたり、手数料を払ったり、手間もお金もかかります。ですから、最初の金融機関選びは非常に重要になります。
選ぶときのポイントは、手数料が安い金融機関を選ぶこと。特に毎年かかる運用管理手数料が高い金融機関を選んでしまうと、せっかく運用や節税効果で儲けてもすべて手数料に消えてしまいます。もう一つは、自分の選びたい運用方法を選択できるかどうかということも重要になってきます。金融機関によっては取り扱い投資信託が少なかったり、手数料の高い投資信託ばかり取り揃えていることがあります。どんな投資信託が選択できるのかもしっかりと確認をしてくださいね。
金融機関同士で激しい競争を繰り広げているため、どんどん手数料が安くなりサービスが良くなっています。しっかり調べてお得な金融機関を見つけてください。